「谷中のいえ」オープンハウス

openhouse_banner

正確な年数は不明ですが、およそ築100年の長屋を全改装し、小さいですが居心地の良い住まいを家具屋ならではの方法で実現させたのが、DEN-WORKSの代表の自宅でありながらショールームでもある「谷中のいえ」。

ショールームのみどころ

openhouse_banner

コンパクトで装飾性のある住まい

限られた空間のなかで「住まう人の趣味」「利便性」「趣味に伴った装飾性」「間」「素材感」をいかに共存させるかと言う問題の答えの実例が谷中のいえです。

openhouse_banner

細部にこだわった家づくり

扉のレバー、家具の引手、タオル掛け等のオリジナル小物たちが空間の中で静かに主張する事で全体的な装飾性を上げています。

openhouse_banner

大容量の収納を完備。

床面積は80㎡と都内の平均床面積を下回りますが、「谷中のいえ」は大容量の収納を完備しながら狭さを感じません。

openhouse_banner

DEN-WORKSオリジナル商品の展示

KNシリーズやスピーカーなどDEN-WORKSの商品を展示しています。

家具屋だからできること

openhouse_banner

『ここにこんな物があったら』に答えるのが家具屋ですが、それに+α、お客様が求める雰囲気や装飾性を私たちは家具はもちろん内装の中にも込める事が出来ます。

制作事例

(新宿S邸)工作機械をおいても違和感のない室内空間を提案して欲しい。

(T様椅子)TV番組に出演したアーティストに記念のプレゼントになる椅子を考えて欲しい。

(軽井沢S邸)壁面に造り付けのデスクが欲しいが、圧迫感が少なく掃除がしやすい物にして欲しい。

建物の紹介

前述した通り築年数は、およそ100年。元オーナーの女性の旦那様の生家で、その女性は現在83歳(2016年時)、旦那様は年上だったそうなので築年数はほぼ間違いないと思われます。 両隣2軒と一つの建物で「三軒長屋」と呼ばれ、間口(横幅)は各2間(3.6m)、奥行きはおよそ6間(10.8m)で柱や梁を両隣と共有しています。 言問通りに面した商店街の中にあったため、当時よく見られた商店建築になっているのが特徴で、1階は店舗、2階は住まと言う当時のスタンダードなスタイル(ここに建物の造りを書き込む) 慶応4年(1868年)の旧幕府軍とし政府軍の間で起きた戊辰戦争の局地戦「上野戦争」で荒れ果てた一帯は、一時国有地となりその後、民間に払い下げられ当時のデベロッパーが賃貸用に建てた物を最終的に買い取ったと伺っています。

開催日時

DEN-WORKS代表の自宅で月に2回オープンハウスをいたします。営業時間が短くご迷惑をおかけしますが『家具屋の作るいえ』を体感できる機会ですので是非お越し下さい。

毎月第3土曜、日曜日 AM11:00 〜 PM3:00

住所地図