階段の踏み台

杉材から作るうづくり仕上げの踏み台

IMG_2410

近所の玉林寺さんから頂いた杉の梁材の端材を加工して階段の一段目を製作しました。

IMG_2310 IMG_2312

玉林寺さんの詳細はコチラ

 

加工方法

IMG_2342

まず頂いた材料を2つに切り機械で圧着し、その後バンドソーで荒取りします。

IMG_2344IMG_2373

その後、鉋とグラインダーで立体的に削って行くのですが途中の写真を撮り忘れてしまったのでDEN-SOUNDのストーンの工程写真を代用します。

IMG_1114IMG_1115

好みの形状又は予定の寸法に達したらグラインダーにワイヤーブラシをセットします。

ここから「うづくり仕上げ」を施すのですが先に木材の夏目と冬目について説明いたします。

IMGP1829

夏に育つ部分を「夏目」、冬に育つ部分を「冬目」

1年を単に2分する事に無理があるのですが基本的に春から夏にかけて生育に適した環境ですくすくと伸びた部分が「夏目」で成長の速度が早く色が薄く柔らかい木質になります、反して冬目は秋から冬にかけて厳しい環境での生育になるので成長速度が遅く固く締まった色の濃い木質になります。

うづくり仕上げとは柔らかい夏目の部分をワイヤーブラシや昔から使われている刈萱(かるかや)の根で作った道具で柔らかい夏目の部分を削り、冬目を浮かせる技法で漢字では「浮造」と書きます。

IMG_2408IMG_2409

うづくりをした後、シーラーを塗り、乾いたらスプレーで塗料を塗布します。

IMG_2412

このように夏目が潰れ冬目が浮き出して独特のテクスチャを得られます。

 

IMG_0339

以前に桐を使って枯山水を表現した事があり、(左:黒い石のような物が桐材)今回もうづくりを使って製作しましたが今回は杉の素材感を出すのではなく表面にテクスチャを付ける為だけに杉を使いました。

というのも杉の木味は赤みが強く床材と階段の支持部(柱状の部分等)とあわせると色味が多くなってしまいまとまりが悪くなってしまう為です。

 

 

IMG_2413IMG_2411

うずくりは昔からある技法ですが使い方によっては色々な表現が出来そうです、これからも様々な用途の家具や内装に使ってこの技法を継承していければと思っています。

 

コメントを残す