Category Archives:

モザイク貼り

木材の端材をモザイク状に貼る。

木材の端材をモザイク状に貼る事で様々な効果を得る事が出来ます。

yaman2

上のレゲエバーのエントランスドアの写真のように古材のような風合いを与えたり、

IMG_0001 copyIMG_0002

あえて様々な樹種を組み合わせ、楽しげな印象を与えたり、

 

こちらは飲食店様に納めるテーブルでサイズは130cm x 70cm。

オーク、ウォールナット、アメリカンチェリー、縞黒檀、メープル、欅を組み合わせた物です。

厚さ4mmに削りだし、ひとつひとつ削り合わせながら、接着剤と釘で固定するので、表面は意外に

平滑でグラスや食器をひっかけてしまう事はありません。

ただし平滑と言っても木材と木材の継ぎ目には小さな溝があるのでデスクなどには不向きです。

 

IMG_0004 copy

テーブルの場合、厚み部分が見えてしまうので同じ素材が

続いているように見せたいので木目を合わせて貼付けます。

size 130cm x 70cm x 5cm (天板のみ)

参考価格 ¥55,000-

そのときに工場にある端材を使うので、どのような仕上がりに

なるか、お約束出来ませんが、お問い合わせ頂ければその時点で

工場にある端材の材種はお答え出来ますのでお気軽にどうぞ。

(素材の指定も出来ますが上記価格に材料費が加算されます。)

 

営業時間の変更のお知らせ

営業時間の変更のお知らせ

次回11月19(土)20(日)日に営業予定のオープンハウスですが、19日は通常営業、20日を隣時休業とし

翌週26(土)日に振替営業をさせて頂きます。

地域活動に参加するためやむなく変更致しました、ご来訪を予定されていたお客様にお詫び申し上げます。

DEN-WORKS 田崎 史明

リビング収納

マンションのリビングに大きな収納棚を製作

 

 

IMG_2596

もともとマンション備えられているクローゼット等に収納出来ない使用頻度が高い物やコンポ、本、写真立てなどを一カ所にまとめて収納したいとのご要望でしたので、既に揃えられている家具の素材に合わせウォールナットの収納棚をご提案しました。

6歳の子供さんが日々持ち帰って来る絵や粘土細工などの作品も一緒に飾れる用に上下の棚にわけ真ん中に広い空間を作りました、これは圧迫感を軽減するのにも一役買っています。

size:W1710 x H2600 x D360mm

主材:ウォールナット、ウェンヂ(掘込み引手部分)

塗装:ウレタン塗装

 

IMG_2598IMG_2593IMG_2594

キッチン周りの収納

マンションのキッチンをより使いやすく。

IMG_2426

 

既存のキッチンを延長

お客様がお使いのカウンターキッチンが使いづらく収納も少ないのでどうにかして欲しいとのご要望でしたのでカウンター部分を延長し背面の壁周りにぴったり納まる収納をお作りしました。

エイジング

デザイン的には古っぽいアメリカな感じがお好みでしたので製作中はいつも通りきっちり作るのではなくラフに作り、あえて傷を付ける為に乱暴に扱い、ゆがみ、ねじれ、欠けを自然な形?で発生させるようにしました。通常の塗装処理をした後にさらにエイジング処理を施し素材感を出しています。

 

 

 

IMG_2428

階段の踏み台

杉材から作るうづくり仕上げの踏み台

IMG_2410

近所の玉林寺さんから頂いた杉の梁材の端材を加工して階段の一段目を製作しました。

IMG_2310 IMG_2312

玉林寺さんの詳細はコチラ

 

加工方法

IMG_2342

まず頂いた材料を2つに切り機械で圧着し、その後バンドソーで荒取りします。

IMG_2344IMG_2373

その後、鉋とグラインダーで立体的に削って行くのですが途中の写真を撮り忘れてしまったのでDEN-SOUNDのストーンの工程写真を代用します。

IMG_1114IMG_1115

好みの形状又は予定の寸法に達したらグラインダーにワイヤーブラシをセットします。

ここから「うづくり仕上げ」を施すのですが先に木材の夏目と冬目について説明いたします。

IMGP1829

夏に育つ部分を「夏目」、冬に育つ部分を「冬目」

1年を単に2分する事に無理があるのですが基本的に春から夏にかけて生育に適した環境ですくすくと伸びた部分が「夏目」で成長の速度が早く色が薄く柔らかい木質になります、反して冬目は秋から冬にかけて厳しい環境での生育になるので成長速度が遅く固く締まった色の濃い木質になります。

うづくり仕上げとは柔らかい夏目の部分をワイヤーブラシや昔から使われている刈萱(かるかや)の根で作った道具で柔らかい夏目の部分を削り、冬目を浮かせる技法で漢字では「浮造」と書きます。

IMG_2408IMG_2409

うづくりをした後、シーラーを塗り、乾いたらスプレーで塗料を塗布します。

IMG_2412

このように夏目が潰れ冬目が浮き出して独特のテクスチャを得られます。

 

IMG_0339

以前に桐を使って枯山水を表現した事があり、(左:黒い石のような物が桐材)今回もうづくりを使って製作しましたが今回は杉の素材感を出すのではなく表面にテクスチャを付ける為だけに杉を使いました。

というのも杉の木味は赤みが強く床材と階段の支持部(柱状の部分等)とあわせると色味が多くなってしまいまとまりが悪くなってしまう為です。

 

 

IMG_2413IMG_2411

うずくりは昔からある技法ですが使い方によっては色々な表現が出来そうです、これからも様々な用途の家具や内装に使ってこの技法を継承していければと思っています。

 

エンクロージャー

エンクロージャー(スピーカの箱)製作しております。

 

DEN-WORKSではスピーカーの箱、エンクロージャーも製作致します。

下記の写真はオーダーの一例です。

AXIOM80IMG_1916

 

AXIOM80(アキシオム80)という現在でも高額で取引される1950年代の非常にレアなスピーカーユニット用にお作りしたエンクロージャー。

bd55d63f-saxiom80book11

幸いにもAXIOM80用に設計されたエンクロージャーの図面をお客様がお持ちでしたので、インチとミリから生ずる誤差がありますがなるべく忠実に製作致しました。

 

DSC_0528

 

主材:フィンランドバーチ(表面はウォールナット)

塗装:ウレタン塗装

サイズ:図面参照

*左の写真はユニット取付後でお客様ご提供です。

 

 

 

 

 

DEN-WORKSでは過去にも様々なオリジナルスピーカーを製作しております。もともと私が高校時代にエンクロージャー作りに没頭したのが木工にのめり込むきっかけでしたので、以来ことあるごとにエンクロージャーを製作しています。

bottle

 

 

専門的とまでは言えませんが多少の知識は御座いますのでお気軽にご相談ください、家具屋ならではの加工技術でご要望にお答えします。

爬虫類飼育ケース

蛇腹木製シャッター

2016-06-30 17.47.55

爬虫類の飼育用にお作りした専用ケース。当初観音開きの扉を2枚前面に取り付ける予定でしたが設置場所

の両側に収納があり、扉がぶつかってしまうので蛇腹の木製シャッターを採用しました。

2016-06-30 17.49.322016-06-30 17.50.04

これによりケース内の掃除と鑑賞がしやすくなりお客様に喜んで頂けました。

本体上部の中にロールスクリーンを改造した巻き取り機が入っていてシャッターの開閉もズムーズです。

2016-06-30 17.48.312016-06-30 17.54.42

シャッターを閉め切った時に中の空気が淀んでしまわないよう左右にルーバー窓、本体背面には熱逃げ用

の穴を沢山あけて内部の空気が入れ替えられるように配慮しています。

 

主材:レッドオーク(内部はメラミン)

塗装:ウレタン、オイル塗装

サイズ:W130cm x H80cm x D45cm

カフェ用チェア

カフェ用チェア製作

wakacheirs2016-05-13 14.59.32wakacheirs3

FLAGSの北川さんと一緒に愛知県蒲郡市にあるコーヒーショップ若さま用に椅子をデザイン、製作しました。

当初既製品の椅子を26脚購入を検討されていたのですが当方から提案させて頂いたデザインを気に入って頂け、製作の運びとなりましたが、既製品購入の予算内の仕事となったので製作方法や作業効率を考えながらデザインを再度練り直し、検討に検討を重ねなんとか予算内におさめる事が出来ました。

またキャスーター付と無しの2タイプがあり同一のデザインにする必要があったので、転倒防止しないようスチール脚のキャスター取付位置を調整しながら開き角、曲げRなど決定したのち、それをキャスター無しのタイプに反映、最後に2タイプの近似性を高める為に全体を調整。

見た目は非常にシンプルな作りなのですが『量産』と言う物作りの基本が全て入っている仕事でした。

 

 

 

臨時休業のお知らせ

6月18日(土) 臨時休業 6月19日(日)通常営業

急を要する工事があり誠に勝手ながら18日は休業させて頂きます。

来訪を予定されていたお客様にお詫び致します。

ただ19日は通常営業致しますので、ご予定が変更できるようでしたら是非お越し下さい。

重ねて勝手な休業申し訳ありませんでした。

 

オープンハウス 2回目 4/16、17

オープンハウス 2回目

今回も沢山のお客様にお越し頂けました、2日目は天候が悪いにも関わらず『前から気になってた』

と来て頂きうれしい限りです。毎月少しずつ展示内容を充実させて行きますので次回も是非お越し下さい。

さて今回ご来場のお客様から多数の反響を頂いたソファの仕様をお知らせ致します。

 

長椅子とベンチが合体したソファTuJi(ツジ)

 

通常のソファに比べ座面や背もたれは固めにしてありマットレスのような使い心地です。掃除がしやすいように座面と背もたれ、肘掛けは分離させてあり、その隙間にリモコンなどを置けるスペースができていてとても便利です。

sofa1

大きさの割には密度を感じないように華奢に作っているので部屋が広く見えます、しかし華奢に見えますが大人が飛び跳ねても一切歪まない剛性があります。
sofa3  sofa2

 

KNシリーズと同じ製作方法で、突き板という木を薄くスライスしたものを立体的に貼付けていますので

お好みの木材で製作も可能です。(生地もお選び頂けます。)

IMG_23392016-05-06 16.13.49

製品仕様(展示品)

W 1800mm x D 800mm x H 700mm(SH 380mm)

主材:ウォールナット

塗装:ウレタン塗装

価格:¥198,000-(税抜)

 

KNシリーズと同じくW1800mm、D900mmまでは上記一定価格。(例W1500mm x D800mmで製作)

左右どちらにも肘掛けと背もたれを配置でき、両サイドに肘掛け、背もたれも背面全体に配置可能です。

ただし材種と生地、背もたれ等の仕様を変更する場合は価格が変わりますので都度お見積もりをさせて頂きます。

「こんな色で作って欲しい」、「拭き取りやすい生地にして欲しい」等、ご要望にお答えするのが私たちの仕事ですので、お気軽にお問い合わせください。(コチラから)